読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語彙力からの脱出

リアル脱出ゲームを中心とした謎解きを、参加した雰囲気だけで伝えるつもりのブログです。ネタバレはありませんが、得る物もありません。毎日更新(今のところ)20時位に更新。コナンも大好きです。

宇宙怪獣からの脱出の感想

そんな私、謎の部屋でそこそこはまり、その後眠れる森でラス謎まで行かず解説で「ポカーン」し、リアル脱出ゲームセンターを2つ突破し(6人とか7人で)、バイオハザード・ザ・エスケープで言いえぬ感情(それはもう恋に近い)をいだきつつ本格的に死亡し、今再演しているこちらに行ってきました。

 

宇宙怪獣からの脱出f:id:nazoko_dayo:20160810184922j:plain

 ※私ではありません

 

ホール型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆☆

参加形態:まるばつ組 

イベントホール松栄

脱出失敗

 

「机の上を怪獣に荒らされた(?)」

 

2015年2月13日に仙台で参加。

この年から頭がおかしいほどに脱出ゲームをすることになるのですが、そんなになるなんてまだ知らない頃の私です。

 そう考えると何が「東京は遠征ではなく遠足」という気持ちの引き金になったのかよくわからない…。

 

この公演は

「私たちは見習いヒーロー!正義のヒーローに変身し、宇宙怪獣ズグラードンから街の平和を守ることができるのだろうか。」

的なやつです。

 

 

全体を通してすごーく面白かった公演でした。これは本当に名公演。

謎解きはもちろん、そのほかのギミック?も終始笑いが絶えなかったです。むしろそこが面白かったかもしれない…。

 

私「え!??」

※何分か格闘 

私 「何これこんなの無理。はい」

友人「はい、できたよ」

※秒速

私「!???」

みたいなのが多発。いろんなヒーローが誕生した瞬間を見ました。人は得意なものを何かは持っているのですね。そして、この公演でできないことをすぐにあきらめ誰かにパスする「スルーヒーローなぞこ」爆誕!!

※ここで勝手に私の中で生まれたヒーローは全体構成とは一切関係ありません

 

スルーヒーローはチームの天才に次々あれこれ華麗にスルーしていき、全体的には順調に進みました。

※うちのチームには天才夫婦がいます

「ほうほう、ほうほう、ほー、天才だねえ」と私はそれを眺めていたのですが、最終局面までたどりついたとき、何をしなくてはいけないのか、何をすべきかはわかっていたのですが、机の上がズグラードン、今の流行的にいうとシン・ゴジラに襲われた後のようになっており、思考も大パニック。

 

 

結局会場が暗転してから

「これじゃん!!!!」

「これが!!!!」

「うああああああ!!!!」

となった、うっかりヒーロー6人組が誕生した公演でした。

 

(成功できたよね)

シン・ゴジラはまだみてません)