語彙力からの脱出

リアル脱出ゲームを中心とした謎解きを、参加した雰囲気だけで伝えるつもりのブログです。ネタバレはありませんが、得る物もありません。毎日更新(今のところ)20時位に更新。コナンも大好きです。

仕立て屋シャルロッテの秘密の感想

年としてはおととし2015年の公演になるのですね。

 

Zeppは毎年やる」と聞いたことがあるようなないようななのですが、年度で考えれば確かにバハムートも今年度、2016年度に滑り込んでおりますZepp公演です。

 

つい最近のような気もしますが、完全ガチで突然ふらっと行って最後まで見られないで帰ってきた、何とも言えない気持ちになった公演です。

 

 

仕立て屋シャルロッテの秘密

ホール(Zepp)型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆

参加形態 ソロ凸(女性2人組、男性2人組、ソロ凸1人)

Zepp DiverCity・東京

脱出失敗

 f:id:nazoko_dayo:20170208192029j:image

(小さい...)

世界一の服には、世界一の謎がある。

世界中のセレブ達を虜にする仕立て屋シャルロッテの洋服。

それは世界一の洋服と言われていた。

誰もがシャルロッテの洋服の秘密を知りたがった。

なぜあんなにすばらしい洋服を作れるんだろう?

 

ある日あなたのところに招待状が舞い込む。

なんとそれはシャルロッテの仕立て屋の中を見学できる招待状だった!

喜び勇んで出かけるあなた。

しかし、そこで待ち構えていたのは、不思議で、不気味で、哀しい物語だった。

というストーリー

 

 

シャルロッテはストーリーが良いと本当に色々な所から聞きました。

 

ということでこれはやらねばならんと「トウキョウナンテイッテナイ」と家族に思わせるために金曜日の夕方新幹線に飛び乗って、終電で帰ってこようと思いました。

 

あのね、こういうことはね、しちゃならん。

 

常々このブログでも言っているのですが、「台場は時間が読めない」のです。

なんでなんだろう。

 

「40分で着きますよキリッ」と乗換案内では出ているのになぜか1時間以上かかる移動。

 

地方民だから乗換がうまくいかないからか、なんなのか…ということなのです。しかもZeppは駅から結構歩く。

さて、乗らないといけない最終電車は21:34。

 

19:30からの公演…

大丈夫だろ!

って思ったよね。

 

ダメだったよね。

 

 

まず始まるのがだいぶ遅れて、エンディングも長くて、なんでシャルロッテがこんなことをしたのかわからないまま去りました。

 

いい話の良い部分を見ていない!のです。

 

まあ、それは自業自得なのでそんなことしてまで脱出ゲームに来るんじゃないよ、というおぼしめしだと今は思っております。

今なら夜行バスで帰りますね!

 

 

なぞこ家、幼いころ家族が仕立て屋を営んでおりました。

昔から友達がいなかったので、家の足こぎミシンでスーツで使わなかった切れ端(シルク)縫って遊んでいたり、アイロンプリントを仕事で使うアイロンでやろうとして接着面アイロンの方にしてアイロンにちびうさがついて怒られたり、チャコで地面に絵をかいたり、今考えると正直親は邪魔だっただろうなとしか思えないのですが、そんなこんなで仕立て屋が大好きでした。(つぶれたけどね)

 

ということで、このコンセプトは凄く楽しかったです。

 

ステッカーも刺繍で今までのステッカーで一番素敵です。

 f:id:nazoko_dayo:20170208192216j:image

 

コシノジュンコの衣装なども素敵で本当に「世界観」は完璧に大好きでした。

バインダー買えばよかったな…。

 

 

謎の話ですね!

 

こちらですが、完全ソロで、なんか濃いソロの人が来て、濃い方がすべてかっさらっていったのでなんだかよく覚えておりません…あの人、本当に濃かったな…もう反論することすらあきらめてしまったくらいに…そしてすべてを決めつけて…去ったな(私がいっけなーい新幹線新幹線!といって…)

 

なんかね、小謎がとにかく苦手だった、と言う印象が残っています。

濃い人は写真撮影にも厳しい方だったので、緊張しました。

 

中謎を紹介するときに前に書いたことのある「突然閃きを要される中謎」というのはこの公演を経ての私の感想なので、中謎でだいぶ時間くったなと。

いい謎でしたよね。

解いたの私だったかな…違ったかな…この時までは言葉発していたかな…

 

そう、私、大謎になってからは言葉を発しませんでした。

こんなにも主体性なく何もせずにいたのは初めてだったな!と言う感じでした。

 

今までの情報をまとめても絶対それは違うということをしているのに止めることもできず、切ない気持ちで見守るしかなかったなぞこ。

否定もできず立ち尽くすその頭にはもう「帰りの電車」のことしかありません。

 

「公演中何もしゃべらない人って何なの!」という時はこの時の自分を思い出し、むしろ自分がこの人をしゃべらせないなにかしているのではないかと考えることにしております。

 

うん。

なんもいえねえって感じ。

 

チームメイトが楽しさを左右するというのはあるのだなあとこれを思い出すたびに思うので、帰りの新幹線で「ああ、いつものメンバーとやりたかったなあ」とぶつぶつ言っていたことだけは記憶にあります。

 

 

謎解きはどうしても仕方ないのですが、チームメイトでその印象がかなり変わってしまうというのは公演にとっても本当に良くないですよね。

 

公平な判断にならない。

 

しかもその「主観的感想」を私のようにブログとか書くやつがいてそれをそのまま書くと尚更。

 

それは

今日のこのブログの事じゃああああああ! 

 

お前は最低だー!

 

本当に申し訳ないのです。

だってこれじゃ公演の感想じゃない。

 

シャルロッテは謎がとても綺麗だったやストーリーが綺麗だった、初心者におすすめ、という話も聞きます。こういった感想がとても多いです。

 

きっとそうなんです。

私が謎を解いていない、ストーリー見られていない、それだけで。

 

ということで、これからはそういった部分は抜きにした感想書けるよう精進いたします。当時はあまりに濃い人の衝撃を受けて謎自体もあまり覚えておらず本当にこの記事は申し訳ないのですが、きっと参加した方が引用RTで感想を言ってくださると思います!(突然の他力本願)

 

 

本日の謎解き情報は多いからだだだん!とご紹介

 

岡山に謎部屋が

 

演劇とミステリー?

 

広島から!最近Twitter謎が評判のおにラビ

 

よだかのトリックアート謎解き第2弾

 

なんかね、すごい面白いらしいよ!

→LARPとは謎解きではなく、「ライブアクションロールプレイ」というものです。物語を体験したい方にはお勧めですが、謎解きしたい方にはあまりお勧めしないとのことです。情報を入手の上興味ある方は行ってみてはいかがでしょうか 

 

 

JOKER PROJECTの魔法の鍋が再演!