読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語彙力からの脱出

リアル脱出ゲームを中心とした謎解きを、参加した雰囲気だけで伝えるつもりのブログです。ネタバレはありませんが、得る物もありません。毎日更新(今のところ)20時位に更新。コナンも大好きです。

13 FAKE POKERの感想

爆弾は解除できなかったが、

 

nazoko-dayo.hatenablog.com

 

次の予定が立て込んでいる私とヨッコン刑事は急ぎ足で次の現場に向かった。

 

次の現場は怪しげなポーカーゲームをしているカジノ。新宿の西武新宿駅の近くにあるらしい。

 

最近気が付いたのであるがなぞこはグーグル先生がいないと地図がよくわからない。

 

新宿は特に妙なことが起こる事で彼女の中で有名である。何度よだかのドラマチックルームにドラマチックにタクシーで登場したことか…。

 

 

「ヨッコン刑事、私、ここにたどりつく自信がない」

「任せて、西武新宿駅はいつも行く」

「いつも」

 

ということでなぞこがUSJのコナンの劇がいかに素晴らしいかをまくし立てている間に西武新宿駅が見えていた。

 

「お!西武じゃん!ヨッコン刑事すごい!」

ありがたいものである。

 

このカジノでは「死のポーカーゲーム」が行われているという。相手は世界最強のディーラー。そしてなんとかけるのは私たちの命。

命を守るには招待客を出し抜かなくてはいけないようだ。

 

 

私たちは何食わぬ顔で席に着いた。

さすがカジノである。怪しい客がたくさんいる。最近火曜日夜7時からフジテレビで見る顔もあるような気がしている。

 

私は幸運な人生とは言い切れず、ヨッコン刑事は福島きっての雨男。

 

(この二人じゃうっかり死ぬ気しかしない…)

 

 

ゲームが始まった。みながみな、バタバタしていた。

 

なぞこは比較的「静観」していた。

(今は動かずに突然出し抜いてやるわ…)

 

違う、なぞこより頭のいい人がたくさんいる。何もできないのだ。

 

 

しかし、そんななぞこを横目に相棒のヨッコン刑事が小声で突然こういう。

「いまなら出し抜ける!」

「まじで?」

賛成できなかった。

 

勝手にやってくれても良かったのだが、それをしないのがヨッコン刑事。しかし彼の意外な一面を見た気がした。どうなったか興味があったので出し抜いてもらえばよかった。

 

そんな二人は全てをだましきることができたのだろうか。

 

※30%くらいフィクションです。

 

 

ということでなんだよ、と言うことですが、零狐春のこちらの公演に行ってきたのです。

 

13 FAKE POKER

ホール型

探索 ☆

謎  ☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 刑事と

ジクー(アミューズメントカジノ)

 f:id:nazoko_dayo:20170220201706j:image

 

突如開催される死のポーカーゲーム。相手は世界最強のディーラー、賭けるは命。招待客は13組、彼らを出し抜かなければゲームには勝てない。

配られる絶望のカード、足りない切り札。全てを騙して生き残れ。

「この遊戯の切り札は、貴方。」

というストーリー

 

「謎解き公演を行います」と言うことで参加したのですが、謎解きも主軸ではあるのですが、謎解きというか、これまで体験したことのないようなイベントでした。

なんかね、いまになってじわじわ面白かったな…と思うような感じです。

するめ公演。

 

実際にアミューズメントカジノで行ったため雰囲気はとてもマッチしていて良かったです。GMも非常に腹が立ちました。(つまりいい感じということです)

 

 

ただ13組がちょっと多かったかなと。

私だって好きで後ろから見ていたわけじゃないですよ。それでも面白かったとは思うんだけど、あーだーこーだ言って出し抜きたかったですよ。

でも仕方ないんだ!

 

ゲーム後半の巻き起こる熱量がすごくて、それを見て「なんかこれすっげー公演だなあ!」と孫悟空のようなことを思っておりました。

 

 

 

「なんか最後、結局何にもしてないのに何とかなったね…」

「なんだろう、あれかな、やっぱりヨッコン刑事が良い人だからじゃないの」

f:id:nazoko_dayo:20170220201734j:image

(雨男だけど)(出し抜かなくてよかった)

-完-

昨日が記念すべき200記事だったんだ、ヨッコン刑事今気が付いたよ…

いつか続編があるかもないかも。

 

 

 

本日の謎解き情報

カルビーコンソメ味のポテトチップスとよだかのコードのコラボ

www.calbee.co.jp

ダイエットは明日からだぞ。(宮城県では買えるのだろうか)