語彙力からの脱出

リアル脱出ゲームを中心とした謎解きを、参加した雰囲気だけで伝えるつもりのブログです。ネタバレはありませんが、得る物もありません。毎日更新(今のところ)20時位に更新。コナンも大好きです。

WAR→P! 鈍色のカーテンコールに行ってみた

WAR→P!とは

【WAR→P!】とは、俳優と参加者が役割を演じ、一緒に物語を紡いでいく新感覚の体験型アトラクション公演です。

(WAR→P WEBページより)

 f:id:nazoko_dayo:20170501205103j:image

 

やるのはこんなこと。

他のPCやNPCと協力、時に対立し、物語を進めていきます。
限られた時間の中でハッピーエンドを目指すのか、アイテムのコレクションを完成させるのか、はたまたNPCとの仲を深めるのか。
楽しみ方は無限大。
この物語がどんな結末を迎えるのか、それもあなたの選択次第です。
俳優と参加者で紡ぎだす無限のストーリー。
新感覚のライブ・エンターテイメントを是非ご体感ください!

 

つまり、すんごく平たく言うと、私達参加者(プレイヤーキャラクター、PC)が俳優(ノンプレイヤーキャラクター、NPC)と茶番しあうと物語が分岐する、というものです。

 

 

「分岐する物語」に興味があったので、当日券でひとりで飛び込みました。もちろん初めてです。

 

 

 

トーリーはこちら

ある小さな街に、ひとつの劇団がありました。
決して一枚岩とは言えないまでも、座長を中心に力を合わせて芝居を作ってきた一座。
劇団「モノクローム」。
いつかは東京の大きな劇場へと夢見ていました。
次回公演を控えたある日、突如座長がこの世を去りました。
今まですべて座長任せだった座員たちだけで、次回公演を打てるのでしょうか。
台本は?
配役は?
果たして幕は上がるのか?
すべては新入座員のあなたの行動次第です。
※PCの皆さんには、プレイ開始前に劇団モノクロームの「大道具班」「衣装班」「小道具班」のいずれかに所属していただきます。

 

これ、すごく奥が深かった…。

 

面白かったです。

 

 

あの初めに言っておきますが、初心者でも、ひとりでも全く問題ありません。

みなさん暖かい。観客の方も「初めてです」というと「おお」と見てくださいます。

 

 

あと、私達は…慣れすぎているではないか、「NPCと話をすること」に…!!

 

 

つまりこう考えるとわかりやすいということ言いますね。

 

「NAZO×NAZO劇団の茶番だけ90分やりまくる」

 

 

90分の間、当日券組の初めての方と時たま情報交換とかさせて頂いて心強かったのですが、私の進捗を見て「もうそんなにやったんですか!?(初めてじゃないの?!)」と言われました。

 

WAR→Pは初めてです。

 

 

でもNPCの願い叶えたりはしょっちゅうしてるからな…。

 

 

どうしても最善トゥルーエンドに持って行きたい謎解き好きとしては「全員が謎解き好きだったら一体これはどうなるのか」ということに開始15分くらいで思いました。

 

そのシチュエーションでやってみたい。謎解き向けとしてやってくれないかなぁなどと思いました。

 

 

ただ、上に書いてある通り、楽しみ方はそれぞれなので、そのそれぞれを止める人も邪魔する人もいませんし、してはなりません。

 

私の謎解きみたいな発想は他のファンの方からすると珍しいのだと思うのですが、「ここをこうしたらハッピーエンドになるんじゃないのか」というポイントがいくつもあったので、そうなると謎解き好きとしてはそうしたくなるの…!!とムズムズしておりました。

超一生懸命メモ取っていたのも私だけだった気が。(みなさん複数回だからかな)

 

一応私たちのエンドはそこそこエンドだったようでした。

それでも物語を作って行く感覚はなかなか面白かったです。

あ、こうなったんだ、とか、あ、そうだったんだ、とかありました。

 

 

NPCに「この人はどこにいる」と聞き続けて、人の名前と顔が一致した頃にはエンディングを迎えておりました。

 

1日4公演くらいしているようですが、1日ずっと参加している方もいるらしいと聞きました。

その気持ちわかるなぁと思いながら私は会場を後にしました。

 

 

ご興味ある方はGW もやっているので参加してみては?俳優さんみなさん素敵でした!(結局特定の人と仲を深めた人がここにいます)(あ、参加するならクリップボード必須)(みんなのクリップボード見たけど1人だけSCRAPっぽいの持ってた人がいたなぁ案外少なかった)

7th-castle.com

 

本日の謎解き情報

マスタッシュの再演ラッシュ

 →私はマスタッシュさんと合う日程がなかなかない…

 

夜の明治村で謎解き

→これは素敵だろうなぁ!